FC2ブログ
2018.11.20 世界史の本
44982041_1947080248713812_6630974556318203904_n.jpg

「全世界史」(出口治明著)

読んでいます!

スポンサーサイト



当代吉右衛門がポリーニのファンだったとは!

そして野村光一が初代吉右衛門とフルトヴェングラーの芸風が似ていると言っていたとは!

そして二人の生年も同じだとは!

(日経7・24朝刊/私の履歴書より)
2018.06.17 厳密と大雑把
トークをすることが多いですが、物事を正確にまたは厳密に伝えようとすると、かえって話がつまらなくなることが多いと思います。
適当な加減で大づかみに話した方が、初めての人にも分かりやすく、また面白い。

そういうことあると思います。


たとえば、二つ入り口があって、

中に入ると、何があるのかだいたいわかる入り口

中に何があるか、まったくわからない入り口

どちらを選ぶか?

私は後者です。しかも、中に入ってもわけがわからない。というものに興味があります。

立原正秋、三島由紀夫、遠藤周作、三浦綾子、岡本かの子、、、


ブッシュ・クァルテットのCDを聴きました。
シューベルトの死と乙女と第15番。

特に第15番、いいですね~


2017.06.26 とにかく!
いまの政治の愚劣さには、声を大にしなければいけません!

2017.03.22 ウィーン風
ウィーンで学んだ方の演奏会に行ったのですが、強弱(ダイナミクス)があまりなく、リズムも緩い。
こういう感じがウィーン風なの?

2017.01.24 隆慶一郎
「吉原ご免状」(新潮文庫)を読みました。

先日、日経の文化欄で紹介されていました。
読んでみて、なるほど面白い!文章にリズムがあるので、どんどん引き込まれます。

2016.12.24 襲名続く
大きな襲名が続いています。

雀右衛門、芝翫が襲名披露中ですが、来月は右近が右団次に!

そして2018年には幸四郎、白鵬、染五郎の襲名も発表されました。

歌舞伎は襲名と追善によって発展してきたとも言えますが、ますます目が離せなくなります。

2016.10.19 先月・・・
ある演奏会に行ったとき、とんでもないことが連発

びびりました(笑)

シャネルとストラヴィンスキーの本読みました。。

なんか情事小説にしか読めなくて、あんまり・・・
私の読み方のせい??


2016.08.02 私の番号
私の番号とやらを書かないと、謝礼が出ません、とのお達しがきました。

本人確認できれば、私の番号がなくても問題ないはず。

何を考えているのやら・・・

提出するつもりになれない・・・・
13101355_841208009341692_1065840484_n.jpg

読みました。
ちょうど彼がベルリンフィルに就任した月にドイツから帰国しました。
就任後2回目の定期演奏会、ハイドンの88番とリンドベルクの委嘱作、シューベルトのグレイトというプログラムを聴いた覚えがあります。良かったな~。
就任前には、バッハのヨハネ受難曲も聴きました。

13120874_842650455864114_109788473_o.jpg

今宵はアーノンクールの本を読んで追悼。

2月~3月と色々出かけてきました。

国立劇場での文楽。嶋大夫の引退披露、感動的でした。勘十郎、簑助のすごさを実感。
歌舞伎座での籠釣瓶。吉右衛門の羽織のずらし方に感激。
東京文化会館でのノイマイヤー。幕の下ろし方に美学を感じました。
歌舞伎座での雪姫、時姫。お父さんそっくりに感激。

バレンボイム&ベルリンシュターツカペレのブルックナーチクルス、連日聴いています。

バレンボイムはベルリンで20回近くは聴いた指揮者ですが、今回のブルックナーを聴いて巨匠の仲間入りをしたという実感を持ちました。
本当に素晴らしい!あと8番、9番の2曲。楽しみです☆

10日遅れのごあいさつ。

本年もよろしくお願い致します。

昨年は今までで一番タイトなスケジュールで大変でした。
今年はいい間隔でスケジュールが入ってくれれば良いのですが。

そんな中、今年前半のハイライトとなる依頼が舞い込みました!
いや~、年明けからいい感じ!

2015.12.11 新幹線とD51
12277235_755197874609373_1846770794_n.jpg

新幹線を作った男~島秀雄物語(PHP文庫)

まさか新幹線とD51がおなじ設計者だったとは!
今年一番の読書。